【読書メモ】「3ヶ月」の使い方で人生は変わる

心に残った箇所の抜粋

・「タイムマネジメント」は、効率化して生み出した時間で、非効率なことに時間や情熱を注ぐことがゴール

・3ヶ月間、一つのテーマに向き合って取り組むことで、面白さを発見したりら知識や理解を深めることができたりするなど、自分の成長が実感できる

・「みんなが注目していないこと」で「自分がやりたいこと」は何か?

・長期的なゴールも、3ヶ月ごとのテーマ設定が肝心

・「TOEIC600点」ではなく、行動に移せる「テキスト3冊」

・「世の中の問題」に取り組むと、モチベーションも長く保てる

・壁にぶつかった時、自分が描いたストーリーを思い出すと、そこに「意味」を見いだせる

・週に一度は「すぐにやらなくてもいいけど重要なこと」を前に進める

・読書は、いろいろな感情に触れる「心のエクササイズ」

・大事なことは、失敗や変化を恐れずどんどんアウトプットすること

自分に置き換えて考える

8月後半〜11月の約3ヶ月を、「コーチング」のインプットをテーマにする (12月以降はより実践に移したい)

行動目標(コントロールできること)

・8月~9月に受けるコーチング講座全4回の学びを、個人・社内ブログにアウトプットする

・週末はマンガや小説を読むか映画を見て、心のエクササイズをする

・9月から週に1冊コーチングに関連する本を読み、ブログにアウトプットする

なぜコーチングを学ぶかのストーリー(壁にぶつかったとき思い出す)

銀行で働くのことにやりがいを見出せず、次の仕事も決める前に辞めた

教育に興味があり、英語コーチングの仕事についた

環境を変えたことで、仕事が楽しくなった

自分で自分の人生を決めることの大切さを知った

仕事をする中で、短期間で人が成長する様を目の当たりにした

成長する上で特に大切なことは、「明確な目標があること」「目標達成に向けての行動が明確であること」「自己コントロール」だと気づいた

これらはコーチの力量によって変化することを痛感した

⇨選択肢に気づき、それを自分で選び取ること、その選択を正解にするために努力をすること、その支援をするためにコーチングができるようになりたい

どんな「世の中の問題」に取り組むか

日本は恵まれた国のはずが、息苦しさを抱えて生きている人が多い
自分で自分の人生を決めることができる人を増やしたい(まずは自分がそうありたい)

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました